未経験者の人が知っておくと良い事


 

体力勝負

うすうす気づいている人もいるかもしれませんが、セラピストって 体力をとてもつもなく使うお仕事です。
今まで使わなかった筋肉を使うようになり、始めのうちは筋肉痛と疲労感との戦いになるでしょう。
ただ、経験を積んでいけば力の使い方や加減、体力などは付いていきますので最初のうちの疲労感などに負けなければ大丈夫です。
実際、年配の方がセラピストとして活躍されている事も多くありますよ。
 

指や腰を痛めやすい

これは職業病と言ってしまって良いと思いますが、セラピストは体を壊しやすいです。
しかも未経験の人は上手く自分の身体を使えないので変に力んでしまい、その結果 体を痛めやすくなってしまいます。
 
こればかりは経験値を稼ぐ以外方法は無いのですが、少しでも自分が苦しい体制だなとか、腰や指が痛いなと感じたら すぐにその方法を止めて別の方法を考えましょう。
始めのうちは特に頑張ろうとしすぎて体のSOSを無視しがちです。
そのままですと絶対に体を壊してしまうので、注意しましょう。
 

給与形態

セラピストは完全出来高制が一般的なので、 施術した分だけ給料になります。
なので稼いでいる人はサラリーマンなんかより多く稼いでいる人もいます。
 
しかし、 裏を返せばお客さんがいなければ一銭も入って来ないと言う事です。
その事を知っておかないと、こんなはずじゃなかったと今までも努力が水の泡になってしまいます。
ある程度の覚悟と知識と技術を持っていないとお金にならないんだという事を、しっかり理解しておきましょう。
 

モチベーションの維持が難しい

頑張っても指名が取れなかったり、思うように施術が出来なかったりと壁にぶち当たる事があるでしょう。
そう言う時に モチベーションを維持し続けるのはなかなか難しいところがあります。
 
しかしこれは誰しもが通る道なので、今はそういう時期なんだと受け入れるのが一番良いと思います。
結果のために頑張るのではなく、 頑張ったから結果がおまけで付いてきた程度の認識を持てたら、どんな時でも前向きになれるかもしれませんね。

 
以外と接客も重要

お客さんと1対1で施術を行うわけですから、接客もしなくてはなりません。
もちろん下手なセラピストも多いです。
でも営業マンとは違い、 話術が下手でも成立できるような接客術がセラピストにはあります。
なのでそこまで深く考える必要もないですし、接客が苦手な人は怯えなくても大丈夫です。
 
ですが、接客も必要なんだと言う事は頭の中に入れておいてください。